面会すらもダメですか


暇にかまけて、うっかり母親学級に行ってしまいました。
母が、

「母親学級なんて面倒くさーい、出産についてはいずみで分かったからもういいー」

と常々言っているので、一体どのような場所かと好奇心を示してしまった次第。






なにせ未来のお母様方はほとんど一人。
連れてくる兄姉と言っても、もちろんいたいけな幼児たち。
ぐずりもせず、平然と二本足で歩き、あまつさえ妊婦な母親の荷物持ちすらやるような
「上の子」は当然私しかいませんでした。おかげで少々肩身が狭く……。
その上、始まってすぐに出た看護師さんの
「今日の母親学級は15:30までを予定しております(開始は13:00)」
という言葉には思わずギョッとしてしまいました。
確かに面倒面倒と騒ぐ妊婦が約一名いるはずです。
母親って……大変だね……。

ところで、一番最初の学級で買わされた(配られたのではない)らしい冊子に
学童期以下(中学生まで)のお子様の病棟への出入りは禁止です。ご了承下さい
との文章が。なんでも子供は感染症の潜伏が考えられるので、その予防とか。
「いーちゃんは学童じゃなくてよかったね、弟にも会えるぞ~」
と母はニヤニヤしていましたが、その後
「上の子は退院するまで子供と母親には会えないってことですか?」
と悲しげな顔で看護師さんに質問していた妊婦さんを見ていると、
厳しいルールだなあと同情を禁じえませんでした。

他にも、母子同室の時間は一日たったの四時間なのですが、
その時間外では赤ん坊と窓越しに面会するのすらダメだとか。
そりゃあ誰も新生児室に入れるとは思っていないけど……窓越しもダメですか……。

早産や先天性疾患持ちならもちろん個別にそういった対応が必要でしょうが、
大人でも感染症を持ち込む可能性はあるし、消毒は病棟に入るときにさせられるし、
窓越しで何かが感染するとも思えず。正直そこまでするのかとげんなりしてしまいました。
母の出産する病院は地元の大きな総合病院。田舎なので、古い設備ながら
地域中の異常妊娠が回されるある種の「激戦区」なので仕方のない面がありますが、
(なにせ母も高齢出産と妊娠糖尿病で個人病院から回されてきたクチ)
それでもそういえば、母の看護学生の同窓の人は総合病院で産んでも
へいちゃらで半日母子同室だったし、赤ん坊は生後数日ながら、
友人の子供である自分(当時小学生)とも平気で面会してたなあと思うと、
病院の方針の差はこんなに激しいものなのかと肌身で実感させられました。

どうせ異常妊娠でこの病院に回されるなら、いっそ多胎妊娠がよかったなあと
母とふたりで話していました。
父・母・姉と親が三人いるようなものなので、一番大変な幼児期はよそより手はかけられるし、
双子は見ていて飽きないだろうなと思うのです。自分が兄弟のなかっただけに余計。
それに、母は年齢が年齢なのでこの出産で残念ながら打ちとめになりそうで。

そうはいいつつ、ひとりでも十分うるさいのは知ってます。
なにしろこの私自身が聞かん坊で……ゲフンゲフン
[PR]

by esther21 | 2007-08-08 23:02 | 家族  

<< アブラミ Fate/Zero Vol.1... >>