起立に気をつけろ


c0130783_22143216.jpg


学園祭一日目。
明日の展示に向けて屏風のように立て、ライトアップしました。
写真だとあんまり上手く見えないですが、ショボい感じは思ったよりもないです。
頑張ればダンボールもここまで進化するんだなぁ。




さて、実は私は撮影しただけ。
これを作ったのはクラスメイトたちです。

私のほうはというと、校内の公用パシリ 生徒会に所属しているので、
朝から晩までずっと針仕事をしてました。
どうも、全校生徒が将来の希望をめいめい書いた小さな布をチクチク縫い合わせ、
大きなフラッグを作るようつもりのようです。
まさか生徒会に入ってまで針仕事をするとは思っていませんでした。

「生徒会、すなわちそれは全校の雑用係

入った当初、先輩達が口々に叩き込んでくれた「生徒会精神」はマジだったようです。
昨日など帰宅が22:00。今日も21:30。
あれ? 私が入学したのって夜間学校だっけ?(;´Д`)
おまけに、

「いや、僕雨宮と同じT市ですから、ついでに送っていきますよ」
「そうかー、助かるわぁ。じゃ、よろしく頼むね」

帰りが遅くなってしまうので、
(そんなことはないが不登校生≒情緒不安定と判断されているので、心配され)
1300人を束ねる生徒会長(もちろん先輩)に家まで送っていただく始末。
なんてVIP待遇なんだ。

そして、そんな会長との電車での会話。

「そろそろ前期も終わり。僕の任期も終わるなあ……。
 これでやっと開放される」
「寂しくなりますねえ……後期も会長になればいいじゃないですか。
 二期連続生徒会長・○○○○(生徒会長の名)。
 なかなかイカしてると思いますけどw」

「後期は2年生がなることになってるから、僕の出る幕はないよー。
 第一、二回も生徒会長になるなんて死んでも嫌だ
「そ、そんなに嫌っすか?(;´Д`)
 知名度も上がりますし、人気も上がりますよ、ホラッ (必死)」

「知名度なんて要りません……。生徒会長も好きでなったわけじゃないしねえ('_`)
 カコさん(よく面倒みてもらってる先輩)も僕も、
 生徒会議員から抜けだせないから、今こうして夜遅くまで働いてるんだよ……。
 雨宮さんには遅いかもしれないけど、生徒会にだけは入らないほうがいいよ、本当」
「そんなw
 幹部は立候補と議会の総意で決めるんじゃないんですか?」


絶望的な顔をして首を振る会長。

「毎回、幹部決定の議員総会になると、あのワンマンの顧問教師が
 めぼしい現行の議員を指名して、起立までさせて、
 『ハイッ、あんた今度も議員やってね!』
 って言うんだよ……。
 僕もカコさんもこの手で抜け出せなくなったからね、はっはっはっ……
 雨宮さんも10月の議会、気をつけろよ

……
出来レースかよっ(;´Д`)

そういや、古株の先輩が普通の部活なみにいるもんだと思っていたが、
まさかそういう仕組みとは……生徒会議会の意味ないじゃねえか!w

家に帰って母に話してみたところ、

「なんや、一回入ったら出れへんって、ヤクザの世界みたいやなぁw」
(関西風イントネーションで)

言い得て妙。

生徒会長の名誉のために付記しておきますと、
普段はこんなおどろ線の出そうな喋り方じゃなく、もっとおっとりニコニコしている人です。
副議長とかに平気で負けてますけど、一応人望はありますよっと。
[PR]

by esther21 | 2007-09-05 22:54 | 学校  

<< 母の温もり すもももももも 8巻 >>