お誕生日おめでとう


c0130783_12395310.jpg


0歳のお誕生日おめでとう。
ずっと待ってたんだよ。




というわけで、2007年10月9日の、6:52に弟はこの世に生を享けました。

今朝の5:00、
冷え込みに負け、部屋を抜け出しリビングに行った私へ、ハハが発した出陣号令。

「あ、いーちゃん、ちょうどよかったわぁ。
 陣痛来てるから、今から、いーちゃんも一緒に病院に行くよ!」

「Σ え!? え!? えー!?」
「ちなみに今、陣痛5分間隔だから!」
「な、なにぃ!?」

経産婦の5分間隔って……もうすぐ生まれるではないか!
あわあわしながら、サムちゃんと共に車を走らせ病院へ駆け込みました。

痛い痛いとうめいていたハハですが、5:00過ぎに病院入りし、
陣痛室で1時間半ちょっと待機し、破水して分娩台に上がってからは
光の速さで産んでしまいました。

あまりにも出産が速すぎて、弟の産声が上がっても、

「ああ、子供の泣き声……
 でも分娩台に上がって何分経ってないし、まさかうちの子じゃないだろう(´ー`)」


そうてっきり信じ込んでいたおバカさんな自分に乾杯です。
十分数分後に出てきたサムに

「いーちゃん、生まれたよ」

なんていわれるまで、全くその泣き声がうちの弟であることに気づきませんでした。
ああ……バカバカまn……以下自粛……。

よく生まれたばかりの赤ん坊はエイリアンのようだと評されますが、
うちの弟もE.T.かなにかのようで、どうにも形容しがたい容貌をしていました。
でもそれが可愛く思えてしまうのが上の子のバカなところなんっすけど。

うん、

無事に産まれてよかったなと。
3080gあったんで私のように保育器に入ることもありませんw
長年一人っ子だった自分に、ようやくできた兄弟です。

人生まだまだこれからだけど、とりあえず私より先に死ぬんじゃないぞww
[PR]

by esther21 | 2007-10-09 13:00 | 家族  

<< 猫も走るほど忙しいこんな……母... だまれジャイアン >>