役所の魂100まで


今さらな感もありますが。
1週間ほど前、弟の出生届を出しに行きました。

「さーくんのミドルネームに
 『ムハメド』を入れたいんだけど」


こんな無茶を言い出すパキスタン人がいたおかげで、かなり難航しましたが。




役所は

「は? ミドルネーム?」

みたいな反応。
気持ちはいたいほど分かります。ええ。

だけど、たとえ皆(含む家族)が
「今さら無茶言わないでよ(;´Д`)」
と言ったって、サムは父親としての威厳を生命すり減るまでに発揮して、
譲らない方向に持っていくのです。
我々も無茶は言えません。なぜなら彼は異文化の人だから。
刑務所に「女子」や「26歳以下」と混ざって「特別な処遇を必要とする外国人」っていう
ランクがあるのと一緒です。かなりアレな喩えですが、つまり、そういうことです。

戸籍係の対応したおねーさんが露骨に
「そこの連れの日本人さん、助けてよ」
という無言のメッセージを発しますが、私にはどうすることも出来ません。
説得なら……もう嫌というほどしたんです……。

対応したおねーさんが、「外人は私の手におえないわ!」とばかりに
エキスパートっぽいおばちゃんにバトンタッチ。

「とりあえず、名前の欄の上にミドルネーム書いて、下にファーストネーム書いてください」
と言われ、はいはいとばかりに書く私。
他の外国人と比べればかなり日本語が達者なサムでも、
さすがに読み書きは完璧ではありませんので、日本語は私の役目です。

「お父さんの名前はこれ(出生届けの父の欄)でええんやね?」
「はい、そうです」
「じゃあ、ちょっと待っててね、奥さん。
 あなたの戸籍をちょっと調べますから」
「あの、自分、奥さんじゃないんですけど(;´Д`)」
「え!? 違うの!?」

職員さん、そんな露骨に驚かないでください_| ̄|○
満39って書いてあるじゃないっすか、私はそんなに39に見えますかorz
大体、出産から一週間経っていたとはいえ、
産婦が子供置いて来られるわけがないじゃないですか(つД`)

「はいはい、お父さんの名前はムハメド・×××××・○○○さんね……。
 で、どこが名前なの?」
「×××××の部分です」

なんか職員のおばちゃん、妙になれなれしいなあ……。
対応したおねーちゃんのほうが可愛かったし、対応ていねいだったから
今からでも変わってほしいなあ……(;´Д`)
なんて思いつつ。

「で、苗字は?」
や、苗字、この中に入ってないんですよ
「……え?
 この部分?(と○○○を指差し)」
「ええっと、それはかくかくじかじかで、お父さんの名前を指すもので……
 だから、苗字にあたる名前は、この中には入ってないんですってば(;´Д`)」


どうも、このエキスパートっぽいおばちゃんも、
エキスパートっぽいだけで、実際にはあんまり経験がない模様。
頭から思い切り疑問符を出しながら、

「で、
 これを外国人風に並べたらどうなるの?

あ……あんた……パキスタン人は外人じゃないとおっしゃるおつもりかっ!!
(どういう名前の構造をしているのか理解できていないだけ、というのはよくわかってましたが)

こっちもさすがにうんざり。
私以上に手慣れているサムも同じうんざり顔。

「だーかーらーっ!
 外国人風も何も、並べたらこういう風になるんですって!
 これが向こうの人の名前で、しかもファミリーネームが入ってないんで
 並べ替えも何もないんですって!!」


さすがに、この電波な発言には私もちょっと怒り気味。
サムも、

「だからね、私はこの名前をバラバラにすると意味が違うようになっちゃうの。
 だからこの名前はこのままでいいんです」


さすがに眉間にシワ寄ってます。

「いやね、苗字と名前が分からないと色々と手続きが……」

一生懸命手を振るおばちゃん。役人の臭いがプンプンします。
こんなに役人っぽい役人の人初めて見たぞ、おい。

「じゃ、じゃあね、色々と確認することもありますので、
 そこの椅子で呼ばれるまでお待ちください」

と椅子に誘導され、待つこと数分。

「一応これでどうでしょう……」

と差し出されたのが、「雨宮 ムハメドサラ」。

……どうやら、「ムハメドサラ」が名前のようです。

「真ん中にスペースかなんか入れてください」
「あ、ダメなら中点で!」
「分かりました。もうしばらくかけてお待ちください」

そして二度目の待つこと数分。

「スペースとか入れるの無理だったんで……
 これで受理しました」

と差し出されたのが、やっぱり雨宮 ムハメドサラ
……これが名前になっちゃうんだ(;´Д`)
いっそ潔くサラのままでよかったんじゃ……。

もうこれ以上ごねても仕方がなさそうな雰囲気。
仕方ないんで引き下がり、ムハメドサラに決定してしまったものの、帰り際の車の中で、

「『分かりました』って言ったじゃない!
 本当に日本の役所わからないよ!!」


とブチギレるサム兄さん。
役所はやっぱり役所でした。

ところで、出生届って「しゅっせいとどけ」じゃなくて「しゅっしょうとどけ」って読むんすね。
子供作る機会無かったんで初めて知りました。

そして、切れたサム兄さんが「外人」発言を繰り出すのは、
この1時間後のお話です。
[PR]

by esther21 | 2007-10-21 21:15 | 家族  

<< まともな親は お疲れちゃん >>