そこから知りましょう


今日、ふっと来たるお泊りに先駆けてモノの話題をしていました。

ドライブ中の話なので、相手はもちろん母。



「うん、この間お互いの名前の由来とか喋ってたりしてなー。
 自分の名前、なかなかオチがついてよかったわーw」


「いずみ本名」は漢字三文字で構成されてますが、
二文字目までがお釈迦様の故事の引用(仏教)で、かなり仰々しく、
三文字目が干支、という、非常にストレートなネーミングなのでした。
ちなみに母命名。

「そうかそうかw
 なかなかええ名前やろ? 褒めろ!w
 ……で、モノちゃんの由来とかも話してん? 聞きたいわぁ」

「もちろんw
 自分だけ話したらただの自分語りやんw」

「そやけど、そもそも……

 モノちゃんの下の名前ってなんて言うん?


「Σ (;´Д`)!!」

ハハよ……。
確かに頻繁に出すのは苗字かあだ名だっていう自分も悪かった。

でも、お気に入りの子なのに……。
子供の数少ない友人なのに……。
ここのところ、ヒキってて唯一喋ってる友人なのに……。

名前を知らないとは、これいかに。

「ハハ、△△さん! △△さんや!!(;´Д`)
 おかんが知らんかったことを、自分はいままで知らへんかった……orz」

「聞いたかもしれへんけど、忘れとるかもしれへんわw」
「……orz」

ハハよ……

……自分は、一番最初のほうで、彼女をフルネームで紹介した覚えがあるのであるぞ……。

そしてついでに。

「そういや、サムちゃんはイスラム教徒やけど、
 自分の名前が仏教から来たこと知っとるん?」

「さーあ?w」
「『さーあ』ってorz」

アイデンティティの崩壊。
もしも義父の前で、わずかでも私の名前の由来を口走ろうものなら。

……どうなるんだろう(;´Д`)
怖くて言えねえ……。
[PR]

by esther21 | 2007-11-07 22:04 | 家族  

<< 3歳児から習うウルドゥー語講座 執念の下準備(戦国風味) >>