机が恋人


「人身事故」(……誰かが踏み切りからダイブしたんだろうなあ)とやらで
朝っぱらから電車が遅れ、バス通学の生徒と地元民以外全然来られないという、
面白い事態に陥りました。

後に下り電車は動くようになったようなので、
ほとんどの生徒は始業時間に間に合っていたのですが、
上り電車は全然動いていなかったらしく、教室に来ていない生徒がちらほら。

そんな中、始業時間を大幅に超えた9:30になって、
コトコ先生(友人)がイヤホンつけながら、颯爽と登校。

「いやあ、ごめんごめん、
 電車が止まっててさーw」

もちろん、クラス全員でツッコみました。






「「「 おまえ、地元民やん!(;´Д`) 」」」

毎日チャリで登校しているくせにorz

さて……
いつまでもどこまでも昼夜逆転している私ですが、
いつまでもどこまでもこのまま学校に行かなければ、
いつまでもどこまでも昼夜逆転は続きます。
そして何より、留年の危機が迫ってきています。

と、いうわけで根性振り絞ってお登校などしてみるわけですが、
いかんせん身体に染み付いた昼夜逆転のサイクルは強く……

夜、眠くなった頃に寝たらそれが最後。
起きたら14時でした、なんてザラにあります。
寝てたまるものか、寝たら負けだ。学校になど二度と登校できない。死だ、死が待っている。
コーヒーをがぶ飲みしながら気合をいれ、昨日、徹夜で無事に登校。
そして今日も……徹夜で登校しました。

案の定、コーヒーごときでニ連荘の睡眠不足は復活させられるわけもなく、
1時限目半ばから早くもダウンし、
ふっと気がつくと掃除(学校日課の大トリ)が始まってました。
あれ? 授業……あれ?(;´Д`)

机は掃除用にみんな下げられており、
教室のはしっこで、ひとり、突っ伏して寝ていたらしい自分。

「あ、雨宮さん、起きた?
 悪いけど自分の机、つっといて(動かしておいて)くれん?」
「あ、へ……?
 あ、サーセン(;´Д`)」


寝ぼけている上に、コンタクトが張り付いてよく見えない目で、
机を動かす私の姿。そりゃあもう大変みじめでした……。

ついに念願叶って隣の席になった、サラサラロングストレートのかわいこちゃんが

「担任の先生の鶴の一声で『起こすな』ってなったらしいよ?
 いずみさん、日直だったから、代わりに皆で一斉に黒板消してたw」

……かなーり、申し訳ないことになっていたようです(;´Д`)
あああ、ロクなこともやっていないというか、学校に寝に来てるのかお前というかorz

寝ぼけた頭がだいぶ晴れてきた頃、
職員室で欠席していたテストの再試なんかしちゃったりして、
結局このために学校行ったのか……? と思ってしまうような土曜日でした。

……そういや、今日、土曜日だったんだよなあ……。
土曜くらい休みたいなあ……。
[PR]

by esther21 | 2007-12-01 17:29 | 学校  

<< 純正日本人50% ダメ人間街道まっしぐら >>