「ほっ」と。キャンペーン

ダメ人間が新年早々に越えるべきハードル


新年明けてからまだ風呂に入っていないことに気がついた。

あ、こんばんは、雨宮です。(さも何事もなかったかのように)
1日はバスの中で、2日は飛行機の中で、今日はのんびり昼まで眠ってました。
脂で窒息する。焦りが逆にのんびりさを生む。

いやね、日本ね、寒いですよね。
うちはモロに盆地で、なぜか大して都会でもないのに
夏はテレビ局が取材に来るくらい暑くていらっしゃりやがるのですが、
大して都会ではない……というか、むしろ山と山と山しかないような田舎なので、
冷気もそれなりに流れてきます。寒いです。
さらに築5年の分譲アパートのくせにどこをケチったのか、おうち寒いです。





そんな中で玄関に置き去りにしたままの、
21.4kgのマイスーツケース(ソース:ラホール空港のはかり)を
凍えながら運んで開ける元気はないわけでね。
まさかサムちゃんの実家で、服を準備してもらってるとは、露ほどにも思わず、
スーツケースの中に、ほとんどの服を詰め込んでしまったわけでね。

何が言いたいかというと、
そのー……なんだ。

風呂に入ろうと思っても着替えがない。

部屋もちゃっちい電気ストーブがあるだけで、
(この間金に困窮した親父が奪い取ろうと電話してきましたが)
そこまで火力があるわけでもなく、
部屋の入り口も狭いし散らかっているので、
ちょっとスーツケースを入れるのにも難がある。
寒い。寒い。お部屋から一歩も出たくない。→ひきこもり。

31日に、パキスタンで風呂に入ったのが最後。
パキスタンの家は石鹸しか無く、こちらもシャンプーとリンスしか持参しなかったので、

「お家に帰ったら、絶対にホコホコに風呂を沸かして、
 垢を落としてやる……!」


と31日の風呂の中で固く誓ったものの、
やっぱりものぐさはものぐさでした。

風呂、入れないよ。ハードルが多すぎて。
実質一人暮らしはしたことがあるとはいえ、
純粋な一人暮らしはしたことはないのですが、これだけは言えることがあります。
自分というのは、引越しをしたらまず間違いなく、

半年間はダンボールだらけのお家に住むタイプです(断言)。

ほらこんなにハードルが!

step1. 散らかってるお部屋を片付けてスーツケースを入れる通路を確保
step2. 31日に脱いだパキスタン衣装を洗濯に出す
step3. スーツケースからシャンプーとリンスを出す
step4. 着替えを吟味して、より寒くない服をチョイス
step5. 奥底からバスタオルも引っ張りだす
step6. 寒くて凍えそうなお家の中で服を脱ぐ(一番の関門)
step7. ガスのスイッチを入れる
step8. ようやくお風呂

面倒くさいなあ……('A`)
今日中にお風呂入れるかなあ……(ダメ人間)
[PR]

by esther21 | 2008-01-04 00:05 | 日記  

<< 本当に台無しだ! ただいま! >>