「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:家族( 47 )

 

「いとこ」なる可愛い生命体


んーと……
よくよく考えたら、100%純正日本人で、日本語しか喋れなくて、
まるっきり日本人のひきこもりとして生活してるのに、
3人いるいとこのうち1人がアメリカ人で1人がパキスタン人って、
これ、なんだかすごいような気がしてきたぞ。
いや、パキスタン人のいとこ(ウェイズ)のほうは、
ほんの一滴も血はつながってないんっすけっど。

しかも弟もパキスタン人で、名前もパキスタンの名前で、
私のパスポートに貼り付けてあるビザはファミリービザ。
つい半年前まで施設に入っていたというのに、
今いるのはパキスタン。

一体、どこで私の人生、間違えたんだ……?

そんな唯一血のつながらないいとこ・ウェイズは、
そりゃもう可愛いったらないっす。
100%純正パキスタン人だから目がパチクリ。
かわええ。
つかまり歩きするものの、すぐに転んで泣く。
かわええ……!
母のミスバがサラを抱っこしてると、嫉妬してギャン泣き。
かぁわええ――!!

なあ、この子、「my cousin」って呼んでいいの?
俺って超ラッキー!?
[PR]

by esther21 | 2007-12-22 21:10 | 家族  

夏と苗字の子


母親と話していなくても、言葉が通じなくても、
気楽に過ごさせてくれる、そういう努力をしてくれる
パキスタンのこの家族が私は好きです。

正直、まったく血のつながらない嫁の連れ子として、
実家のほうに冷遇される覚悟ももって
パキスタンに渡ってきたけれど、
そんな心配をしたのがなんだか申し訳なるくらいに
皆色々と気を配ってくれて、それがすごくありがたい。

More
[PR]

by esther21 | 2007-12-22 21:00 | 家族  

カオスなお国


いやね、それからが真の戦いだったわけで。

ラホール空港に着いて、バカに長い荷物受け取りを終え、
(何故長かったか→パキスタニーおっさんズが日本からの土産をしこたま持ってきたから)
空港の外に出ると、写真で見たことのあるサムちゃんの家族たちがお出迎え。
サムパパのダダアブ、サムの弟のルークとアルでした。

「アッサラーム・アレイクム」
「アレイクム・アッサラーム」

挨拶もほどほどに、ダダアブがサムちゃんをハグします。
9年ぶりの再会にお父さん、目元がうるうる。
ああ、感動の再会って、このことを言うんだなあ……。

More
[PR]

by esther21 | 2007-12-18 21:45 | 家族  

実父からの電話


おとーちゃんから電話が来た。

「おう、元気か」
「おめえこそどうなんだよ、このガイコツ(;´Д`)」

確か昨日あたりだったような。
火力ショボショボの電気ヒーターに当たって、
のんびりまったりパソコンいじくってたところへ、
いきなり携帯電話が鳴りました。
雨宮の父でした。

会ったのは5月が最後。
電話越しで話すのも、夏あたりで最後じゃなかっただろうか。
とにかくかなり久々の電話。

More
[PR]

by esther21 | 2007-12-06 21:09 | 家族  

純正日本人50%


そういや、忙しさと具合の悪さにかまけて、
最近ちっとも書いてなかったなあ。

こやつのことを。

More
[PR]

by esther21 | 2007-12-02 21:17 | 家族  

2番の雨宮さん(父)


えー。

突然ですが、雨宮家内において、
大黒柱である義父(サム)の前で、私の実父(雨宮の父)の話題を口にするのは、
これ、ご法度であります。

容易に想像できそうな理由

・母とサムが交際していた時代から、
 母にたびたび金の無心の電話が入ってきていたのを、そばで聞いていたため
・実父が突如自己破産をしたため、災厄・迷惑・もろもろが母に降り注いだため
・可愛がっている義理の子(私だw)の面倒すら、ろくすっぽ見ていなかった事実があるため
・なんとなく感情的に許せない

……箇条書きにしてみてよく分かった。
よくこんな面倒な女を嫁に選んだもんだ、サム……。

More
[PR]

by esther21 | 2007-11-29 03:42 | 家族  

コドモ元気で留守がいい


今日、児童相談所に定期の生存報告をしてきました。
以前住んでいた施設の担当、相談所の児福司さん、
そして我ら母子(+サラ)の4人で。

まあ、どういう意図か分かりすぎるくらい、
「お母さんは左の部屋」「いずみは右の部屋」と分けられて、
それぞれ担当と児福司さんをチェンジしながらの面談だったわけですが(;´ー`)

More
[PR]

by esther21 | 2007-11-29 02:39 | 家族  

身の振り方を考える


サムちゃんが1月一杯、サウジアラビアのメッカに巡礼に行くらしい。

……困った。

More
[PR]

by esther21 | 2007-11-24 20:50 | 家族  

悪しきDNA


幼い頃から、実父との関係は妙な感じでした。

「ほら、いずみう○こ、今日はこのお父様が迎えにきてやったぞ」
「人の名前に『うん○』つけんなや、ボケカス(゚Д゚)」
「う○こー○んこうん○ー」
「お前は子供か(;゚Д゚)」

当時保育園児。
再三書いているように我が家は逆転親子でした。
父親がちょっかいを入れては子供が背中を思い切り蹴るという、
親も子もなんかちょっと間違えてる、そういう親子でした。

「あんたの父さん、ほんま子供やったからなぁ……」
「よくも悪くもな(;´Д`)」

時は流れ、母親と仲たがいをして父子家庭となり、
そこからケンカ別れ(?)して施設に入り、施設からも脱走してようやく母方の家庭へ。
母親は再婚し、先月子供が生まれました。

そんな我が家。

ピーンポーン

「ごめーん、いーちゃーん、
 さーくんにおっぱいあげとるから、ちょっと出てー」

「あいよー」

More
[PR]

by esther21 | 2007-11-16 22:46 | 家族  

つまらない実父と関わるより一流のパキスタン人の養子におなり


先日、パキスタンへの里帰りのために、パスポートを取りにいきました。

サラの旅券は、名前のつづりを証明するものがないとどうのこうの、なんて揉めたんですが、
自分のほうは書類はすでに自宅で揃えてあった上、
以前パスポートを取ったことがあったこともあり、
第一「義父・パキスタン」以外は普通の日本人なので
比較的スムーズに行ってました。

ところが最終段階になって、

「お父様って今日、おみえになってますか?(来てますか?)」
「はい?
 ……あぁ、父親ですか。いますよ」


サムちゃんに何の用が……? と思いつつ、サムちゃんを手招きする私。
そしてそのサムちゃんが来た瞬間、女性職員さんの表情が一瞬硬直。

「……?」
「あの……失礼ですが、○○様ではない……です、よね?」

ここでサムちゃんの表情も若干硬直。

「……違います」
「違いますよ(;´Д`)」

それもそのはず、職員さんが呼んだのは、
うちの実父の名前だったんですから_| ̄|○ili|i

More
[PR]

by esther21 | 2007-11-15 02:34 | 家族